センター概要
静岡県の施策
求職希望者へ
事業主の皆様へ
技能取得講座
巡回相談・就業支援セミナー
養育費・面会交流
福祉制度紹介
リンク集
お問い合せ
トップ

トップ >> 福祉制度紹介

福祉制度紹介 相談内容及び受付方法のご案内

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さん、また、寡婦のみなさんは生活上の問題(生計、仕事、住居など)子どもの教育の問題などをかかえ、心身ともにたいへんご苦労の多いことと存じます。
そこで、ひとり親家庭等のみなさんへ、国や県の福祉制度をわかりやすく紹介します。

母子家庭*母子家庭とは*
 死別または離婚により、夫のいない状態となった方が、20歳未満の子どもを扶養している家庭を母子家庭といいます。
また、次の方も「夫のいない状態」に含まれ、母子家庭と同じように福祉の制度が利用できます。
夫の生死が不明か、または夫から遺棄されている方
夫が外国にいるか、または法令により拘禁されているため、その扶養を受けられない方
夫が精神または身体の障害により働けない家庭
結婚によらないで母となった方

父子家庭*父子家庭とは*
 父子家庭は法律上の定義はありませんが、おおむね「夫」を「妻」と読みかえた状態と考えられます。
 父子家庭の方にも、母子家庭と同じように福祉の制度を利用できるものがあります。

*寡婦とは*
 かつて母子家庭の母であった方が、子どもが成人した後も、配偶者のない状態にある方をいいます。
 このような方についても、母子家庭に準じて福祉制度を利用できます。


明日のしあわせを願って  〜ひとり親家庭のしおり〜
ひとり親として家庭を築いていくとき、仕事のこと、子育てのこと、家計のことなど、さまざまな問題に直面することと思います。
ひとりで悩まず、福祉制度をわかりやすく紹介していますので、ご覧になってください。

明日のしあわせを願って〜ひとり親家庭のしおり〜(PDF:650KB)


トップ >> 福祉制度紹介

サイトマップ